契約書のチェックの重要性

「契約書を交わさずに、口約束で取引をしている」
「日頃から付き合いのある取引先なので、特に内容を確認せず、契約書を交わした」
「契約書のチェックに費用や時間をかけるよりも、営業等他の部分にかけたい」
「取引のたびに契約書をチェックしていたら仕事が進まない」

上記のようなお話をよく経営者の方々から伺うことがあります。

しかし、契約書を作成せずに取引することや内容をよく確認せず安易に契約書にサインすることは、実はとても怖いことなのです。

契約書は、実社会は勿論、裁判になった場合には、重要な証拠書類として扱われることになります。契約書が作成されていなければお互いの権利や義務が認めてもらえないことにすらなりかねません。

また、相手方から提示された契約書は、相手方に有利に作られている場合が多いのです。さらに、一度契約書を交わしてしまうと、その後に契約内容を争うことは非常に難しくなってきます。

そのため、契約書を交わす前にその内容をよくチェックすることが非常に重要となるのです。

契約書のチェックポイント

契約書を作成する目的は、

(1)契約の成立・内容を証明すること
(2)
「契約条件」や「事後になって何か問題が発生したときの解決方法」を明確に定めることで、紛争を予防し、問題が発生した場合に早期解決を図る

こと
にあります。

このような契約書の役割から、契約書をチェックする際には少なくとも次のような点を確認する必要があります。

1 取引条件等に関して、当事者の意図が明確に表現されているか
2 契約違反の場合に効果的な救済手段が用意されているのか

まず契約書を交わす場合には、上記の2点は必ず確認し、不明な点や不明確な点等があれば先方に積極的に確認する必要があります。

契約書の条項の文言一つで、取引において紛争が生じた場合の会社へのダメージが大きく変わってくることも少なくありません。先方の提示した契約内容に少しでも不安がある場合には、安易に契約を交わすのではなく、是非一度弁護士にご相談下さい。

契約書の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら