当事務所の人事・労務に関するご相談の特徴

労働審判の経験のある弁護士が対応致します。

平成18年から労働審判制度が始まり,福岡地方裁判所小倉支部でも,平成22年から労働審判が取り扱われるようになりました。

労働審判は,訴訟に比べて短い期間での解決が図りやすい制度であることから,未払い賃金請求や解雇無効等を中心に利用が増加しています。 労働審判は第1回期日の比重が高く、答弁書の締め切りまでに会社の言い分を全て書面で提出する必要があるため、十分な準備を行えない場合は言い分を伝えることができないまま労働審判が終わってしまう可能性があります。

また,労働審判は新しい制度ですので,まだ経験したことのない弁護士も多くいると思われます。 当事務所では,会社側代理人で労働審判を行った経験のある弁護士が在籍しておりますので,従業員に労働審判を起こされてしまった方,お早めにご相談ください。

人事・労務問題の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら