企業再生

企業を経営していると
(1)大口取引先が経営破たんし連鎖倒産の危険性がある
(2)長引く不況で売り上げが徐々に減少し経営難に陥っている
(3)一定額の売上はあるけれど多額の借入金の返済が原因で経営がひっ迫している
(4)現状で会社を継続していくことは可能だけど、年々売上は減少しているし、利益が出ているうちに会社を閉鎖した方がいいと思うけど方法が分からない

その他さまざまな問題を抱えることがあると思います。

上記(1)~(3)のように会社が経営難に陥っているような場合には、経営者の方は誰にも相談をすることができず、一人で悩み苦しみ、目前に迫った決済分の資金を調達するために、高利の貸金業者からお金を借り入れてしまい、それが原因で更なる経営難に陥り、再建不能となるといったケースが多々みられます。

このような経営難に陥った場合にこそ、企業の現状を客観視し、冷静な判断ができる弁護士に相談をすることをお薦めします。

弁護士に相談をすると
(1)経営難に陥っていることが関係業者に知れたりするのではないか
(2)即座に依頼をしないといけないのではないか
(3)莫大な費用がかかるのではないか

これらの不安があり、二の足を踏む方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、(1)弁護士には守秘義務が課せられているため相談内容が他社に知れることは絶対にありませんし、(2)当事務所では法人を含む多重債務相談は初回につき無料で対応をしており、依頼を強制するようなことはありません。
また、(3)費用については事前に説明し納得して頂いた上で委任契約を交わしますので、ご心配は不要です。

経営難に陥っている企業については、(1)裁判所を介さず支払の延期等の交渉、(2)民事再生、(3)破産などの方法によって、再生・清算を行います。当事務所では、経営難に陥っている経営者の方に寄り添い、企業の未来・従業員の方の未来・経営者の方の未来をも一緒に考えて、一番適切な方策を採るようにしておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

また、(4)のように現時点では利益が出ているけど、利益が出ている内に会社を閉鎖したいとお考えの経営者の方は、清算手続きについてもご相談に応じていますので、お気軽にご相談下さい。

再生・倒産の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら