遺言書の書き方

nagasawa-egao0005.png 遺言は法律で作成の仕方が定められており、定められた方式に則って作成しなければなりません。作成の仕方は遺言の方式によっても異なりますので、注意が必要です。以下では自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をさせて頂きますが、遺言書の作成に当たっては弁護士に相談することをお勧め致します。

自筆証書遺言作成のポイント

1.全文を自筆で書くこと。
2.用紙は自由。
3.縦書き、横書きは特段の制約はなし。
4.筆記具は自由(ボールペン、 万年筆等制限はありません)
5.日付を自筆で記入すること。
6.氏名を自筆で記入すること。
7.押印をすること(認印や三文判でも構いませんが、実印が望ましい)
8.加除その他修正・変更する場合には当該箇所に押印し、その上部に修正・変更の箇所と内容を付記し、署名すること。

公正証書遺言の作成とポイント

1.証人2人以上の立会いのもとで、公証人役場へ出向く
2.遺言者が遺言の内容を公証人に口述する
3.公証人がその口述を筆記する
4.筆記した物を遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させる。
5.遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名押印する。
6.公証人がその証書が法律に定める方式に従って作成されたものである旨を付記して、これに署名押印すること。

遺言・相続の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら