当事務所の遺産分割に関するご相談の特徴

他士業に依頼する場合との違い 

相続人間で話し合いがまとまる場合は必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。遺産分割協議書の作成は行政書士が行うことができますし、不動産の名義変更は司法書士が行うことができます。 しかし、相続人間で話し合いがまとまらない場合は、弁護士に依頼する必要があります。遺産分割手続(交渉、調停、審判)、その他相続に付随する各種訴訟手続きの代理人として遺産分割を行うことができるのは弁護士だけです。行政書士や司法書士は、あなたの代理人として他の相続人と交渉することは一切できません。 また,家庭裁判所の調停・審判に出席することができるのは当事者と弁護士だけです。

他士業や不動産業者も交えて,遺産分割をトータルにサポートします。

遺産分割の際,不動産を処分する必要がある場合があります。当事務所は,協力関係にある不動産業者や司法書士との連携により,遺産分割における不動産の処分や名義変更等について,トータルにサポート致します。

遺言・相続の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら