任意整理

nagasawa-egao0005.png 任意整理は弁護士に代理人となってもらって借金を減らし、無理のないスケジュールで、原則として無利息で、返済する手続きです。また、裁判所を利用しない手続きですので国の記録として残ることもありませんし、必ずというわけではございませんが、多くの場合、他人に知られずに手続を進めることができます。
 

任意整理の流れ

(1)受任通知発送:業者に受任通知書を発送:通知が届いた時点で、請求が止まります。

(2)取引履歴の調査:弁護士がこれまでの取引経過を取寄せます。

(3)債務の確定:利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します(引き直し計算)
※過払い金が発生している場合には、過払い金返還請求に移行します。

(4)弁済案の作成:債権者との交渉がまとまりやすいよう、事前に方針を決めておきます

(5)債権者との交渉:弁護士が交渉に入ります。過払い金が発生していれば、その返還について貸金業者との間で交渉し、交渉がまとまれば、過払い金の返還を受けます。

(6)返済開始:交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済がスタートします。

任意整理のメリット

○ 弁護士に依頼すると、各債権者からの取立てが止まります。
○ 借金の元本を減額できます。
○ 払い過ぎていたお金(過払金)を取り戻せる場合があります。
○ 業者との話し合いで手続が進むため、自己破産や個人再生のように官報に載ることがありません。
○ 自己破産のように各種の資格制限がありません。
○ 特定調停と異なり、裁判所を使わないので、呼び出しなどによる時間的な拘束がありません。

任意整理のデメリット

●個人情報がブラックリストに載ることになるので、5年から7年程度の間、新たな借金をすることやクレジットカードを作成することが難しくなります。

任意整理をお考えの場合には、弁護士に相談することをおすすめ致します。

債務整理の関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら