不動産トラブル

nagasawa-egao0005.png

不動産は,誰もが接している身近なものであると同時に,個人や会社にとって極めて重要な財産であり,生活や事業の基盤となるものでもあります。
 不動産の問題は,不動産の売買や借地・借家といった契約上の問題や,その後の居住環境を巡っての問題,隣家との境界の問題等,非常に多岐にわたり,その法的な解決方法も様々です。

借地・借家に関する問題

借地借家を巡る紛争は、不動産のトラブルでも特に多くの方が経験するトラブルの1つです。

(1)更新を拒絶して借主に出て行ってもらいたい。
(2)賃貸借契約を締結したいが、原状回復義務や修繕義務について相談したい。
(3)地代や家賃を滞納しているが、滞納している地代や家賃を  支払ってもらいたい。
(4)土地や建物を借主が勝手に他人に貸しているので、出て行ってもらいたい。
(5)賃料の値上げをしたい。

マンションに関するトラブル

(1)マンション全体が競売されたと聞いたが、部屋から出ていかなければならないのか。
(2)貸主が賃料を値上げしたが応じなければならないか。
(3)土地・建物を一定期間だけ貸すが、期間満了時には確実に土地建物を返してもらいたい。
(4)敷金はいくら返ってくるのか。
(5)貸主の都合で建物から出ていくことになったが、立退料は請求できるのか。

不動産売買・取引に関するトラブル

不動産売買・賃貸といった不動産に関する取引は、法律が複雑であり、価格も高額であることが多く、財産としての価値が一般的に高いため様々な紛争が生じてしまいます。

無断転貸・賃料滞納・売買契約解除・登記移転請求等様々です。

上記のような問題でお悩みの方は,弁護士に相談し,迅速・適切に解決することをお勧め致します。

不動産トラブル関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら