明渡し請求

nagasawa-egao0005.png

住人が家賃を滞納してしまっている、人間関係が壊れてしまっている、他の住人に迷惑をかけてしまっている、そんな住人なので出て行ってもらいたいにも関らず、部屋から出て行ってくれなくて困り果てている。もうあきらめようか・・・・という場合でもあきらめる必要はありません。

法律の力を駆使し、法律にのっとった手続によれば、問題を解決することが出来ます。このような場合は、不動産に詳しい弁護士に賃料請求や明け渡し手続きについてご相談下さい。


明渡し請求のステップとしては、

(1)物件の調査

(2)内容証明による催告・交渉

(3)占有移転禁止の仮処分(住人が他の人に権利を渡さないようにします)

(4)賃料請求・明渡訴訟(交渉に応じない場合は、訴訟を起こします。一番確実です)

(5)強制執行(判決を受けても出て行かない場合には、強制的に明渡してもらいます)

迷惑な住人から大切な物件を明渡して欲しい場合、不動産のノウハウと実績が豊富な弁護士にご相談ください。畑中潤法律事務所は、豊富な実績を活かして明渡しを速やかに実施させていただき、あなたの大切な不動産を守ります。お気軽にご相談下さい。

不動産トラブル関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら