減額交渉の現状

nagasawa-egao0005.png

景気の低迷を反映して、賃貸物件の空室率は増加傾向にあり,不動産賃貸市場においては、買い手市場が続いています。
しかし,管理を徹底した物件や設備投資を大幅に実施した物件と、何もしていない物件とでは、市場の賃料の変動と必ずしも連動するとは限りません。

仮に,賃料コンサルタントと呼ばれる業者に交渉を持ち出された場合,コンサルタントが提示したデータを鵜呑みにする必要はありません。なぜなら都合の良いデータを集めているためです。向こうが交渉のプロを用意したのであれば、こちらも交渉のプロを用意しましょう。


また賃料を減額させることだけが、空室率を下げたり、円滑な交渉の方法とは一概にはいえません。減額分に相当するような設備投資をすることで、納得をしてもらったり、こちらの状況を説明すると理解を示してくれる場合もございます。

賃料の減額交渉は当然のようになってしまっていますが、そうではございません。こちらも減額されないように準備をすることでそのような結果を防ぐことができます。

適正な家賃を維持するためにも、不動産のノウハウと実績が豊富な弁護士にご相談ください。畑中潤法律事務所は、豊富な実績を活かして減額交渉からあなたの大切な不動産を守ります。お気軽にご相談下さい。

不動産トラブル関連ページはこちら

法律相談受付中

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

093-562-3131(受付時間 平日9:00~17:00)

時間外・土日祝日対応いたします(完全予約制)

弁護士紹介はこちら